このエントリーをはてなブックマークに追加

人を使うためにわざと褒める|嫌いだが協調して仲間と思わせる

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ行動 : 人を使うためにわざと褒める|嫌いだが協調して仲間と思わせる



人は仲間を助ける

上の立場になれば、人に動いてもらって、やってもらうという場面が、増えてくると思います。 しかし、立場が下でも、上手に上の人に動いてもらう人がいます。 嫌われるどころか可愛がられています。 上手に上の人を使う若い人がいるように、人を使う為のコツを実践できれば、立場など関係なく、嫌いな人も仲間にし、人を動かす事ができます。



人を使うためにわざと褒める

人は承認欲求という欲求があり、褒められる事が、承認欲求を満たしてくれます。 欲求を満たされる事は、快感ですから、褒めてくれた人の事を仲間だと思うでしょう。 仲間の為には、人は動きます。自分の子供の為だったら、また彼女の為だったら、なんでもやる!!というのと同じですね。

しかし、褒めてさえいれば、人は動くのかというと、そうではりません。 褒めることによって、相手側で仲間であるという意識を持ってもらわなければなりません。 もし、動いて欲しい人に嫌われていたとするれば、いくら褒めたからといって、協力してくれないでしょう。 わざと褒めるにしても、わざとがバレてしまっては、嫌らわれてしまうかもしれません。

褒めるコツ

わざと褒めるにしても、わざとがバレない様にしなければなりません。 褒めるコツとしては、相手への関心が一番大事な事になります。、褒めるにしてもわざとらしくになってしまいます。 関心を持って、気づいた良いところを褒めます。すると、相手は、承認欲求が満たされるのと同時に、私に興味を持ってくれているという風に感じます。 あなたの見方ですよと思わせる事がポイントです。褒められた相手は、仲間の為に役に立ちつ事で、再び褒められたいと思います。



嫌いだが協調して仲間と思わせるコツ

嫌いな人に関心を持ってと言われても、難しい事かもしれませんね。そもそも嫌いなんだから、仲間とすら思いたくないかもしれません。 しかし、人は力です。見方にいれば、何かの時に助けてくれます。また、見方が見方を引き寄せてくれます。 嫌いな人にも協力してもらえなければ、達成できない事だってあります。

嫌いな人を好きになりなさい!という事ではありません。 相手に好きになってもらうのです。そしてその方法は、なんと!お世辞です。 お世辞が、うまい人は、人から好かれ、人に動いてもらって、本人は出世しています。 お世辞にしても、相手に関心がないとできない事ですね。 例えば、今日のネクタイいいね!とか、その髪型かっこいい!とか、仕事速いですね!とか。 しかし、仲間と思わせたいんだが、会話しにくい人がいます。そんな時でも、会話もせずに協調して仲間と思わせるコツがありますので、安心してください。


 

会話をせずに協調して仲間と思わせるコツ

仲間と思ってもらう事は、自分は相手に近い存在ですよ分かってもらう事です。 動物は、会話せずに行動で相手の仲間意識に入り込みます。人も動物なので、仲間意識は言葉だけでなく、無意識のうちにいろいろなところで感じ取っています。

同じチームや同じ活動の時、ユニホームを着用します。そうすると会話しなくても仲間であるという意識を持ちます。ユニフォームを見たので、知らない相手でも仲間意識が生まれ、会話しやすくなります。 地域貢献活動や、サッカーの応援など、同じユニフォームを着用しますよね。

しかし、イベントでもない限り、同じ服装になるのは、難しいですよね。もっと手軽に仲間意識に入り込みたいものです。それは、行動をまねる事です。 相手が、ひじを立て考える姿勢をしたら、さりげなく自分もやってみます。



相手のしゃべりにクセがあれば、それをまねてみます。 さりげなくが大切です。 相手は仲間意識を無意識のうちにいろいろなところで感じ取っているので、本当に仲間だと感じ始めます。


相手が自分と同じ仕草をしている

自分と同じ仕草をしている人に、ふと気付く事があります。その時、ついその動作をやめようとしてしまいます。 しかし、やめる必要はありません。 ただ今、協調中ぐらいに思うか、自分は自分という感覚で、同じ仕草の状態をキープしましょう。 無意識に仲間であるかどうかを確認し合っているからです。

人を使うのは簡単な事

仲間の為であれば、人は動くと知れば、人を使うために何をやれば良いかは簡単に分かります。 相手に関心を持ち、良いところを見つけ、褒める事が必要です。相手の仕草を真似るにしても、相手をよく見ておかねばなりません。 そうしている時、最初は、人を使うために、嫌いだが協調して仲間と思わせようとしていたのが、次第に相手を素直な気持ちで仲間と思う事ができる様になり、 良好な人間関係の上に、人は動いてくれるに違いありません。



次は

出張で家を空ける事が多い仕事と子供の子育てについて

目標達成と報酬|誤った報酬では目標を達成できない

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕