このエントリーをはてなブックマークに追加

結果を出す人と結果が出せない人の違い|結果を出す方法で行動せよ

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ行動 : 結果を出す人と結果が出せない人の違い|結果を出す方法で行動せよ



1流の人、2流の人、3流の人

1流、2流、3流、食品でも物でも、それぞれレベルがある。 同様に1流の人、2流の人、3流の人。レベルは、物だけでなく、人にもつけられる。 今の自分は何流か。 まだまだ3流か。 自信を持って1流と言えるか。

実は、1流の人も2流の人も、やっている事はほとんど変わらない。 では、やっている事がほとんど変わらない、1流の人と2流の人との差はなにか。 3流の人が1流になる為には、どんな行動をとれば良いか。



3流の時期はいろいろやっていろいろ試す

1流とは、その道のプロ中のプロである。 芸能人であれば、営業活動しなくてもテレビに引っ張りだこだ。 結果が出せない3流の人は、これからいろいろ試してみればよい。 3流は、やるべき事を模索している状態であって、この模索している間にいろいろ試す事が、経験になり、後に生きてくる。



2流の人が1流になる為には

今2流の人が1流を目指すとして、その目指すべきところと、全くの的外れの事をやっていても、その道の1流にはなれない。 2流から1流を目指すのなら、やらなくて良い事はやらないほうが良い。

繰り返しになるが、1流の人も2流の人もやっている事はほとんど変わらない。そして実はやった事に対する結果もそんなに大きな違いはない事もある。 では、1流と2流の違いは何なのかという点であるが、それはあと1歩の行動だ。 あと1歩の行動の積み重ねが、1流と2流の違いを生む。

世間から1流として扱われるのと、2流として扱われるのでは、 待遇やお金の面でも大きな差となる。ほんの少しの違いだが、あと1歩の行動の積み重ねで2流から1流になる事もできるし、1流だからといって、あと1歩の行動をおろそかにすると2流や3流にまで、落ちてしまうかもしれない。



あと1歩の行動とは、例えばこういう事である。 落ちているゴミを拾ってゴミ箱に捨てるとか、挨拶をするとか、お礼を言うとか、募金をするとか、 一見目指しているところとは関係ない様にも思える。しかし、関係ない様に思えても、人としのて基本となる行動をとれていない事には1流にはなれない。 ついつい忘れてしまいがちな、人としての基本的な行動が、1歩踏み込んだ行動であり、1流と2流を分けるあと1歩の行動なのだ。




あと1歩の行動が、人としての厚みを生み、それに伴って仕事が1流になる。仕事が1流になったから、人の厚みがでるという順番ではないのだ。あと1歩の行動が伴っていなければ、 いくら仕事で成功したとしても、1流にはなれない。一時的であり、長続きしない。 結果を出す人と結果が出せない人の違いは、目指すところと一見関係のない様なところにある、人としのて基本となる行動であり、1流の人は、目指すべきところの行動とは別に、あと1歩の行動を積み重ね、維持し、1流の結果を出しているのだ。



次は

コーチングはゆとりの延長|言い方じゃなく受け止め方

休暇中に上司へ電話しなければならない|気が引ける方が読む記事

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕