このエントリーをはてなブックマークに追加

男子は実はあんな事やこんな事で楽しんでいる|男子自動運転の瞬間!

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ楽しむ : 男子は実はあんな事やこんな事で楽しんでいる|男子自動運転の瞬間!



男子は勝手に楽しんでいる

男子がお出かけしている。 その時! 目が顔を引っ張るようにして、瞬間的に振り返った。 1秒間に1000回を超える、高速まばたきシャッター。 というか逆、瞬き厳禁。 脳裏に焼き付ける。 うわぁー!今の子かわいい。

男子は本能で、かわいい子を追いかけつづけている。 そう、若い男子の話。 あと、男子全員がそうではないという事。 誤解があっちゃいけないので。 でも九分九厘は当たっているかも。そして実は年齢は関係ないとも言える。

男子自身制御不能

お出かけ中、いつの間にか男子の自動運転が始まる。 しかし安心して下さい。 自動ブレーキ付きで、全員安全運転だ。 もし、ブレーキが壊れていたとすると、気づけば牢獄もありえない話ではない。

男子は、頭の中で自動運転で走行中である。 どういう状態かというと、頭の中で妄想中なのである。



あんな事、こんな事いろいろシミュレーションしている。 その時、再度来た。 その瞬間、再び目が顔を引っ張る。 それに伴い、首が顔につられて、回る。 本当は、前を向いていたいのに。

さっきと違う子だ。 この子もかわいい。 再び始まる自動運転。 男子がお出かけすれば、こんな事をエンドレスに繰り返している。 頭の中では、実はあんな事やこんな事で、かなわぬ妄想を楽しんでいる。 男子って幸せね。




女子は気をつけて

かわいくないから、私は大丈夫という話ではない。 女子もいろいろな人がいるように、男子もいろんな人がいる。 それぞれの好みがある。 好みのタイプの確立の高いところに属しているか、そうでないかだけ。 確立0はありえない。

特に、彼女にしたいとお出かけ中、目が引っ張るがままに首をフリフリして探しているわけでもない。 もっと言うなら、彼女とのデート中であったとしても、次の様な事でさへ起こり得る。 あっ!ミニスカだ。 っと思って振り返って、おばあちゃんだったという事。 その時の頭の中のブレーキの効きのよい事よい事。 ピッタっと、自動運転が止まる。 何がいいたいかというと、男子は、女子というだけで目線がひきつけられるということ。見たくて見ているわけではなくて、 体のパーツそれぞれが、バラバラに存在しているみたいに、本当に目が顔をひっぱって、見てしまうの。 そう、外では女子は見られているのよ。



だから、外では、たとえ鼻くそがひっかかってたって、小指を立ててはいけない。 暑くたって、又を開いてはいけない。 お尻がかゆいからって、こすり付けてはいけない。これをやるなら家の中だね。

結構年配の男子も見てるよ。定年真近のおいさんや、定年を裕に越えたじいさんも。 それが、たとえ会社の食堂や飲食店であっても。 年齢は関係ないって事だね。

油断しちゃいけないのは女子だけではない!男子!!

いくら本能だからといって、目の行く末に首を任せていてはいけない。 目だけ、つまり眼球の動きだけでも、他人は察知する。 この男、自動運転してるな! ブレーキかけろよ、みっともない。 男子同士で、この様な無言のけん制がある。 このけん制は、仲間をつくったり、家族をつくったり、社会を形成する為の男の本能なんだろうね。 外では、男子も女子も気を抜けないね。 男子は特に男子自身の制御不能とならない限りで、お出かけを楽しまないとね。



次は

間違った仕事のやり方|間違った仕事は時間の無駄!やらない方がマシ

忙しい人が失っているかもしれないたった1つの事

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕