このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会の話題選定技術|酒を飲んで楽しく会話する為に気を付ける事

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ楽しむ : 飲み会の話題選定技術|酒を飲んで楽しく会話する為に気を付ける事



話題が飲み会の良し悪しを左右する




飲み会での話題は、飲み会自体の良し悪しを左右します。話題がつまらないと、その飲み会はつまらないものになります。
会社の飲み会、上司同席、気が引け、飲み会に行くのが億劫になります。しかし、参加しなければなりません。 もし、飲み会での話題選定が成功したら、億劫な気持ちはなんだったんだろうという位に、あぁー楽しい飲み会だったと感じる事ができます。

また、部下よりも上司の方が、話題を間違えることで、嫌われてしまう可能性が高いです。 部下は上司の話は聞こうとします。相手の為を思っての話題も、部下からすれば単なる説教でしかないというのが8割です。

飲み会のメンバーによって、具体的と抽象的を軸の両サイドにとったなら、具体的に近いところでのメンバーの共通の話題が、一番話は盛り上がります。 多くの初対面のメンバーが参加している飲み会なら、具体的よりも抽象的よりな話題を選定します。

酒を飲んで話をする時こそ気を付けなければならない

飲み会では、酒を飲んでいるから、話せる!という事が多々あります。しかし、酒を飲んで話しているからこそ気を付けなければならないのです。




例えば、会社の飲み会で、ポロッと仕事の愚痴が出たとします。それを聞いた上司は、更に上の上司も在籍している状況下で、愚痴が耳に入った以上、食いついて話をします。 結果、酒も入っている上、説教がエスカレートする事だってあります。

2,3人で反省会として飲んでいるなら良いですが、それ以上の人数の飲み会であったのなら、説教はふさわしくなく、笑いのある楽しい話題にすべきでしょう。 愚痴に食いつくのではなく、面白い話題に切り替えるのです。そうしなければ、空気の読めない人として嫌わてしまいます。

難しい話をする場合は、飲み具合いを把握しておかなければなりません。グダグダに酔っ払った状態で、難しい話をしても覚えていませんし、喧嘩を引き起こしてしまう原因となります。 酒を飲んでれば、勢いがあり、何でも話せる良い面もあれば、それがあだとなり余計な揉め事を引き起こしてしまう悪い面だってあります。


飲み会の話題選定技術

飲み会の話題選定技術についてです。何千と飲み会に参加し、楽しい飲み会とする為の話題選定で重要な事に気付きました。

話題を過去、現在、未来で分類した時、揉め事を引き起こし安いのは、過去についての話題です。 では逆の未来の話題だったらどうなのかというと、これは説教に陥りやすくなります。 そこで、残った現在の話、現在の話をすれば、明るい話となりやすいです。何の話題にすべきかと考える様な事があれば、過去未来よりも、現在の話をすると楽しい話題となります。

例えば、お店の雰囲気だったり、今日の服装であったり、料理や酒だったり。 今に焦点を当てる事で、揉め事や説教を回避する事ができます。

人が面白くないなぁと感じるのは、焦点が今にあらず、過去や未来に焦点がある為です。過去の話題とすると、あの時はこうだったという自慢や、こうすればよかったという後悔、それから未来の話題とすると、こうだったらいいのになぁという欲や、どうなるのかという不安を導きます。 今に焦点をあてる事で、これらの要素は取り除けます。そしてそれが今の今が楽しいと感じるコツです。 つまり飲み会の話題選定技術としては、なるべく今に焦点をあてる様にするのです。



次は

早く気付いて!人生の時間の価値を上げる|同時進行で時は流れる

良い悪いではなく確立で考える事が人生を好転させる|後悔しないコツ

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕