このエントリーをはてなブックマークに追加

早く親しい人間関係を築くための近道|1年生や新入社員必見!

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ人間 : 早く親しい人間関係を築くための近道|1年生や新入社員必見!



1年生や新入社員は皆同じ

桜の花の時期、環境が変わる。特に1年生や新入社員は、新しい人との出会いという大きな環境変化がある。全員どんな人であるか分からない。 そんな環境に、特に新入社員なら1人で、飛び込む事になる。

新しい環境で、早く親しい人間関係を築くための近道として大事な事は、みんな同じと認識する事だ。 つまり、相手からしてみても、どんな人だろうと探っているし、早く友達が欲しいのである。 そして、早く親しい人間関係を築く事ができれば、良いスタートがきれ、これから始まる先の長い新たな環境で有利となる。



大学や新入社員のオリエンテーションの場がチャンス

早く親しい人間関係を築く目的もあり、1年生や新入社員の時には、オリエンテーションが行われる。 そして、多くは研修も兼ねて、泊りがけで実施する。同じ心境の者が長時間一緒にいる事が、早く親しい人間関係を築くための近道となる。 つまり、同じ時間でも、時々話すといった様な短い時間を積み重ねるより、旅行などの様に一度に長い時間を共にした方が、早く親しい人間関係を築くためには近道となるのだ。 オリエンテーションでなくても、放課後も一緒に遊ぶとか、夜ご飯を御一緒するとか、旅行に行くとかで、長時間一緒にいる時間を設ける事ができれば、早く親しい人間関係を築く事ができる。




長時間一緒にいる事でつかまなければんならない事

単に、長時間一緒にいるだけで、早く親しい人間関係を築くための近道になるのかというと、そうではない。長時間一緒にいる事でつかまなければんならない事がある。 それは、立ち居地である。 立ち居地がハッキリになる事で、親しみやすくなる。

浅い関係の時、気をつかってしゃべっている。 本当の自分をさらけ出してはいない。猫をかぶっているというと語弊があるが、確かに気が張っている。 親しい人間関係は、気を張ることなく、自然体でいられる事でもある。 つまり、こんな人間です!とさらけ出す事が必要だ。しかし、それ程親しくない関係で、いつでもさらけ出して良いというわけではなく、これにはタイミングが必要である。 早く親しい人間関係を築く人は、このタイミングを図るのがうまい。



一度に長時間一緒にいると、さらけ出すタイミングのチャンスが、ドンドン増える。たとえ、知り合ったばかりの浅い関係者同士でも、 旅行で長時間一緒にいると、あっという間に親しい人間関係を築いている。飛んで火に入る夏の虫という風に、不安である環境に飛び込むのである。

そこで、立ち居地を決める。最初は立ち居地が不安定であるがゆえに、猫をかぶる様に映る。 それは、相手もまた同じである。 早く親しい人間関係を築くための近道としては、時にバシッと自分の立ち居地を示す事も大事だ。 言葉遣いが分かりやすいだろうか。敬語を使い続けていると、親しみに距離を感じるし、タメ口だとなめられた感じを受ける。 例えば中途入社が、年下の入社の早い先輩に、いつまでも敬語を使うのではなく、タメ口をつかう事で、 立ち居地を示したとする。すると、今まで猫をかぶるようにして探っていた相手の迷いが減り、相手もまた接しやすくなるのである。これが、親しい人間関係を築くためには、つかまなければならない立ち居地である。 そして、 仲間意識を持つ事が、これらを実行に移しやすくする。



次は

消したいけれど消えない感情|汚れは頭皮だけじゃない!頭の中を洗う

イライラゼロ|いちいち仲間をスゴイ人とかバカだとか評価しているか?

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕