このエントリーをはてなブックマークに追加

おんがえしは鶴だけではない。人の恩返し。

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ人間 : おんがえしは鶴だけではない。人の恩返し。



おんがえしは、どのようにして起こるのだろうか。

吹雪の夜、女がたずねてきた。

老夫婦がおうちに入れてあげて、女を助けた。

実は、女は鶴であり、自分の羽で、織物をこしらえ、お礼の品とし、飛び立った。

話の道中には、のぞいたりとか、いろいろあるが、大筋は上の通りだ。

これが鶴の恩返しという童話のストーリーだ。

してもらったので、お返しをした。

人間は、この暗黙のルールの中にいる。
    

してもらったと感じると、無意識にお返ししなくてはと思う。

人間は社会を形成する生き物だ。

社会を形成するには、助け合いが必要だ。

したがって、潜在的に、助けてもらったことは、恩返しをしなければならないと、インプットされているような気がする。

それは、品をもらうでも同じ事だ。

例えば、スーパーにある、試食。

どうぞ食べてくださいと頂く。

この時点で、既に恩を受けている。

味は?

普通。

特段おいしいわけではない。

しかし、恩を受けた。

恩返しをしなければと無意識に働く。

これは、試食だけでなく、試供品でも同じだ。

使ってみた。

はい、購入。



恩返しは、身近で顕著になる

頂き物をした。

お返しの事を考える。

仕事など教えて頂いた。

その人を尊敬するし、助けたいと考える。

おごってもらった。

今日は自分がと、おごろうとする。

上司がおごってくれたのなら、仕事でお返ししようと思う。

いやらしい話、相手がしてもらったと認識しなければならない

もし、相手に何かしてあげたとき、当然相手が助けてもらったと思わなければならない。

ただ、そもそも、見返りを求めてというところが少しいやらしいが、ビジネスだとすると、分かってもらわないと意味がない。

人は忘れてしまう生き物なので、忘れているのかなと感じた時は、先日はありがとうございました、みたいな感じで、してあげた事をそれとなく思い出させる事もテクニックとして必要かもしれない。

但し、そもそも、してもらった事を忘れてしまうような人間では、社会を形成する上で、不利だ。

助け合いではなくなるからだ。

だから、恩返しという意味では、分かってますよと表現する、お礼が必ず必要だ。

時と場合によるが、お礼も恩返しなので、お礼だけでも良いぐらい、お礼は重要だ。



先にいろいろする

今、自分のできる事はなにか。

人が困っているとき、今自分はどういった行動ができるか。

小さい事でもよい。

むしろ、役に立たないかもしれない。

肝心な事は、相手が分かったかだ。

気持ちだけで十分というやつだ。

そうして、小さいことであっても、相手の為になると思うのであれば、どんどん行うべきである。

人は、恩返しをしたいと思う。

今度は、いろんな人から、助けてもらえる。


 



次は

交友関係は狭く深く派?広く浅く派?|友達に制限は全く必要ない!

プロジェクトオーナーは誰だ!本番リリースの許可を得る

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕