このエントリーをはてなブックマークに追加

少しの心の動きに気づく人間らしさ

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ人間 : 自分らしさに気づく方法|少しの心の動きに気づく人間らしさ



人間らしさ

一瞬、光が駆け巡った。

駆け巡った後は、何もない。

なんだ、なんだ。

あるとき、その光をキャッチした。

そう、それは、心の中で流れる流れ星だ。

心の中は、無数の流れ星が、流れている。

その多くはキャッチされることはない。



人間は、この流れ星の様に、心の中でいろんなことを一瞬だけ思って、一瞬で捨てている。

それは、時にとんでもない事でさへも、心の中に現れる。

そんな事、口に出して言えないよねというような事だ。

決して、他人に漏れてはいけない、自分だけの秘密にしなければならないような事まで。

しかし、そのような事を思うのが、人間だ。

人間らしさなのだ。

少しの心の動き

まぁいいか。

時々心の中に現れる。

現れてはすぐ消える。

そして、人間はまぁいいかと言って、やろうと思っていた事をやらない。



例えば、文章を書くときに相手に読みやすいようにと、なるべく漢字を使おうと心がけている。

しかし、漢字を思い出す事ができずに、まぁいいかと言って、ひらがなを使う。

繰り返すうちに、それが当たり前となる。

ある時、漢字が分からない時は調べないとなぁと、少しの心の動きに気づく時がある。

その時を大切にしなければならない。

でないと同じ事の繰り返しで進歩がない。

例えば、嫌な人がいる。

その人の番が来た。

失敗しちゃえ。

心の中では、このような、汚い気持ちも浮かぶ。

考えようとしないと思うと余計に考える

いやな気持ちを避けようとすれば避けようとする程、その事が頭から離れない。

例えば、今はエッチな事を考えないでください、といわれると、余計に考えてしまう。

それで、いいのだ。

それが人間だから。

先程の、心の中で浮かんだ汚い考えを排除しようとしても、なかなか排除できるものではない。

その時は、流れ星がいつ流れるか分からないように、心の動きに任せておけばよい。

悪いほう、悪いほうに考えていても、悪魔でもそれは考えであり、そのような結果につながるわけではない。

それが人間だと思って、心の動きに任せる。

むしろ、どの様に動くか楽しみに見つめる。

自分の小さい心の動きに気づく

小さい心の動きに目を向けると、たくさんのポジティブな流れ星もあれば、たくさんのネガティブな流れ星もある。

それは、それで自分らしさなのだ。



もし、心の中で、ポジティブな流れ星でいっぱいにしたいのなら、自分の心の中を覗き、ネガティブな流れ星をキャッチして、なぜそのようなったか分析する事だ。

そこに、素直でない考えや、人のせいにしている考え、自分を責める考えがあったのであれば、それを取り除く。

ポジティブな流れ星であろうと、ネガティブな流れ星であろうと、すべてを認め納得していく。

それは、自分自身を認めることになり、それが、人間らしく、自分らしく表現できることでもある。


 



次は

人生思い通りにいかない|景気首切り!外的要因に左右されない生き方

責任を理解した時に約束を守る子供|怒鳴っても一時的な効果しかない

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕