このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない人になる|失敗しない人成功する人

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ人生 : 失敗しない人になる|失敗しない人成功する人



失敗したことありますか?

失敗ってなんだろう。

よく失敗は成功の基と聞いたりする。

でも失敗は失敗でしょ。

なんてね。

その人のとらえかた次第ですね。


失敗って?

こういう事ではないでしょうか。

失敗した時点では失敗ですね。
(失敗していなければ、何事もない、つまりスルーです。)

しかし、この失敗が次に生かせるのであれば、失敗は失敗でなくなります。
(失敗が役立つ事もありますね。)

つまり失敗は途中経過であり、この失敗がなく、最終的な成功が得られなければ、この失敗こそが成功といえます。


身近な例

1つ例をあげるとするなら、例えば資格の試験を受けたとしましょう。

会社から取得するように勧められた資格なので、自分としてはどうしてもこの資格を取りたいとは、思っていないとします。

進められたので、いやいや勉強している。

こんな状態です。

そのため、ろくに勉強もせずに試験を受けるため、当然落ちてしまいます。

しかし、会社は資格をとるまで受けなさい、とまでいわなくても、周りの人は合格していくし、いつしかその資格が、必須科目のような状態になっている事があります。

どこかで、踏ん切りをつけ、自分としては取りたくなくても、会社が取りなさいというので、資格を取るという方向に向けば良いのですが、次もまた、ろくに勉強もせずに落ちる。

これを繰り返す。

受験料や参考書代がかさむ。

そのうち周りからも、本当に受からないのね。

なんて言われたする。

言われなくても、結構簡単なのになぁ。

なぜ受からないんだろうと思われたりする。

落ちつづけて、受験料がかさんで、評価も落ち結果

自分でも、なぜ受からないんだろうと振り返ってみると、嫌々でその場限りの勉強しているからだと分かった。

そして踏ん切りがついた。

それから、それなりに勉強し、見事試験に合格した。

落ちつづけた事は失敗じゃないよ

今度は、その勢いで、今度は自らの意思で、その上位の資格勉強をし、見事合格した。

周りからもその資格に受かる事はすごいことだと評価された。

身近な例の検証

この場合、ろくに勉強もせず試験に落ち続けた事は失敗だったのではないかと思います。

結局受からないといけないならば、最初に踏ん切りをつけて取り組むべきでした。

ただ、落ちた事を通して、なぜ受からないのだろうと振り返り、踏ん切りをつけた結果、今度は、自らの意思で上位資格の勉強し合格し、周りからの評価を得る事ができました。

これは失敗から学んだ成功と言えるのではないでしょうか。

例えが下手だったかもしれませんが、こういった事は往々にしてあります。


なんでもありではないけれど、失敗しない人。

そもそも完結していない状態であれば、失敗とか成功とかありえません。

つまり失敗ということ自体が存在しません。
(だって途中ですから)

失敗して、次も同じ失敗をした場合、これって失敗じゃないかなぁ。
(同じ失敗で次に生かせていません。)

失敗から反省し、それを成功の糧にしなければ、なりません。

それには、なぜ失敗だったのかとう分析や反省が必要になってくると思います。
(もちろん絶対に失敗してはいけない場面もあるかと思います。)

このように捕らえ方次第で、失敗は失敗になりません。

あきらめないという事は、完結していないのだから、失敗自体が存在しないという見方もできます。

失敗を全て成功に向けるよう、完結せずにチャレンジし続ければ、それは失敗しない人という事になります。 

 



次は

言葉を強調して相手に伝えるための方法

素直だから強い人間になれる!!|素直は弱い人間だからなれる!!

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕