このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚相手の決め方|条件の振るいにかけるよりも直感で選定する

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ人生 : 結婚相手の決め方|条件の振るいにかけるよりも直感で選定する



直感の存在



直感は存在します。誰にも直感力があります。 虫の知らせは直感です。目覚ましをセットした時間の直前に目が覚めるのも直感と言って良いでしょう。 "なんかいいっ!"靴やバックも直感で心を引かれます。

直感には論理が存在しません。経験や細胞が導きだした答えであり、その答えの根拠を説明できません。 "なんとなく"は直感です。しかし、"なんとなく"の根拠を説明できません。結果、直感による答えを他人どころか本人すら納得できません。 したがって直感は無視されがちです。

恋愛は直感!結婚は条件!!

人を好きになるのはまぎれもなく直感です。"なぜ好きなの?"という問いかけに、好きな理由を説明できるものの、 好きになる事そのものは直感から導かれた答えです。つまり、経験や細胞が働きかけたのです。 遺伝子を残す為にも必要な事でしょう。

一方、結婚となると結婚条件というものが姿を現します。身長は?体重は?学歴は?収入は?・・・。 直感とは遠く離れた、ステータスみたいなものが条件という事になるでしょうか。 そして、結婚相手を決める時、条件で振るいにかけます。



素直に好きになり、恋愛から結婚という流れはスムーズですが、条件の振るいにかける結婚が前提の場合は、注意が必要です。 条件の振るいに残った事で、最高にいいと思っていたとしても、経験や細胞の答えを無視している事による、ひずみが生じます。


結婚相手の決め方

直感を無視した結果、細胞が受け付けなくなれば、嫌いになります。いっしょにいるのでさへ嫌です。 思春期の娘が、お父さんを臭く感じるのと同じです。条件は当時の考えで変わるものであり、条件の振るいに残った事など忘れます。

結婚相手の決め方は、直感を信じる事です。もちろん条件を無視して良いというわけではありません。 しかし、条件の振るいにかけるよりも先に、直感による好きという気持ちがなければなりません。次第に好きという気持ちも 薄れてしまうものかもしれません。しかし、直感が働いている好きは、細胞レベルであり、絶対に裏切りません。



現在は出会い系や結婚相談など、条件ありきの出会いが多いです。更に若者の恋愛離れと言われる様に若い時に恋愛をしない事で経験不足となります。 また世の中は、追い討ちをかけるかの様に、つじつまの合う説明しないと納得を得る事ができません。 これらは、ドンドンドンドン直感から遠ざけています。

直感を大切にすれば、恋愛に発展します。条件ありきで結婚相手を決めるのではありません。 条件の振るいにかけるよりも直感で選定するのです。 そして、結果的に長く一緒にいられるのは、条件の振るいにかけるよりも直感で選定した場合です。



次は

騙されない力|データマイニングや水難事故とアイスの関係に学ぶ

若者と年配者のコンプライアンス意識のギャップ|若者よ負けるな!

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕