このエントリーをはてなブックマークに追加

人前で緊張するどころか緊張を力に変える方法|本番が一番良くできる

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ能力 : 人前で緊張するどころか緊張を力に変える方法|本番が一番良くできる



本番が一番良くできた

本番が近づくにつれ、背筋が冷える様に緊張感が高まる。 発表会やスピーチ、受験、様々な緊張の場面をのりこえてきた。時には、緊張が引き起こした失敗もあったかもしれない。 そして、これから先も緊張する場面に遭遇する事になるだろう。

できれば、緊張で失敗したくない。本番が一番良かったと感じたい。そして本番が一番良くできる為には、緊張を沈めるのではなく、むしろ緊張を感じ取り、緊張を力に変えなければならない。

緊張の状態

緊張している状態とはどういった状態なのか。 人それぞれある。緊張した場面を思い出すだけでも、症状が現れる。 手に汗をかく、ドキドキする、頭が真っ白になる・・・やっぱりあの時の事は思い出したくもない。

緊張している状態の時、体の内部では、心臓が体中に血液を十分にめぐらせようと活動している。 自律神経系が活発になり、目の前の場面に対応しようとしている。 つまり、保持しているエネルギーを集中させ、目の前の場面に向けようとしているのだ。



緊張は背負っているものが脅かされた時に発生する

人それぞれ背負っているものがある。それは、身の安全かもしれないし、地位や名誉かもしれない。また、バカにされたくないというプライドかもしれない。 背負っているものが脅かされた時、緊張が発生する。

例えば、身の危険を感じた時、戦わなければならないかもしれないし、もしかしたら逃げないといけないかもしれない。 遠い遠い遠い昔の先祖は、そうやって命をつないできた。 つまり、身の安全を脅かされる場面に遭遇した時、今保持しているエネルギーを集中し、いつも以上の力を発揮し、戦い、時に逃げ、命をつないできた。

この時、心臓がドクドクドクと高鳴り、体中に血液をめぐらせ、手には汗をかき、頭は真っ白だった事だろう。身の安全が脅かされた為、身を助けようと体が自動で、筋肉にエネルギーを集中し、頭のエネルギー消費を抑えたのだ。



今なぜ、脅かされているのか。上司に怒られるかもしれないからか、笑われてしまうかもしれないからか、緊張している事を知られたくないからか。 背負っているものは何で、今何をしなければならないのか。なぜ人前で緊張するのか。なぜ本番で緊張するのか。どうなれば成功なのか。

実は考え、ドンドン緊張した方が良い。緊張は、今保持しているエネルギーを目の前にある場面に向け、一番良い結果を残す為に、体が準備している証だ。


体と頭の矛盾が引き起こす

緊張は、最高のパフォーマンスの為に、眠っている力を呼び覚ましていると言っても過言ではない。 しかし、手に汗をかいたり、ドキドキしたりすると、嫌だ、緊張していると考えてしまい、早く、なんとかして緊張を沈め様とする。 早く沈めないと、早く沈めないとと焦る。

やばい。 やばい。 ついに頭は真っ白。 体は、その場面に備えようと準備しているのに、頭ではそれを沈めようとしている。何に対してエネルギーを集中したら良いか分からない。 そして、体と頭の矛盾から抜け出せることなく、失敗に終わる。




緊張するどころか緊張を力に変える方法|本番が一番良くできる

緊張するどころか緊張を力に変える方法とは、こういう事だ。そしてこの方法により本番が一番良くできる。 おっ。 緊張してきたな。 頭は重要な場面だと認識し、何が成功か分かっているな。 体は、それに対応する様、準備に入ったな。 ありのままの今の自分を見せれば良いのだ。 最高のパフォーマンスを出す準備はできている。 さぁ!本番だ!!



次は

子づくり一段落の夫婦関係の落とし穴|ん、何か問題ありますか?"

行動を習慣とし簡単に望みを叶える方法|最初にやるべき2つだけの事

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕