このエントリーをはてなブックマークに追加

イライラゼロ|いちいち仲間をスゴイ人とかバカだとか評価しているか?

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ能力 : イライラゼロ|いちいち仲間をスゴイ人とかバカだとか評価しているか?



イライラは良くない


イライラ、なるべくしたくないです。
イライラゼロが理想です。

イライラは、仕事の能率を下げますし、ストレスをためます。
本来できる事も、イライラしているが為にできない事になります。


しかし、職場ではどうしてもイライラしてしまう。
弱い上司、理不尽な回答、無茶振り、とにかく、仕事の量にも増して、職場にはイライラの要素がたくさんです。

イライラをゼロにするなんてできるのでしょうか。
ゼロにはできないにしても、イライラを利用するという事はできるかもしれません。

イライラを利用する




イライラを利用するとは、どういう事でしょうか。

その前に、「イライラをゼロに」、「イライラをゼロに」、と自分の感情をおさへこもうとすると、余計にイライラするので注意が必要です。

人間なんだから、そして人間の感情なんだから、イライラするのは仕方がない!!くらいで、構えると良いです。

『車が、飛び出してきました!!!
思わず、ブレーキを踏み、危なーいと車内で叫んでしまいました。』

これでイライラしないわけにはいきません。
バカヤロウ!!ぶっ殺すぞ!!!!!

怒りをあらわにして良いんです。

まず、自分の気持ちに正直になる事が大事です。
その上で、イライラをどう利用するのか。

イライラゼロなんてムリなんだから、イライラのとらえ方を変えるのです。

イライラするという事は、それだけ真剣に考えているという事。

イライラするという事は、自分にその力が足りないという事。

イライラするという事は、その事に対しての人間の器が小さいう事。

こんな事でイライラする程、自分は優秀な人間ではないという事。

イライラするという事自体が、成長しているという事。

こんな風で、イライラを自分のパワーに変えていくのです。
イライラが減ると同時に、イライラが出たとしても、それがまた自分の力となっていきます。

単にイライラして、ストレスをためて、できる事もできないようになるのとは、雲泥の差があります。


イライラの原因




イライラの原因といえば、一番は比べる事にあると思います。

あいつはこんな事もできないのか。

あいつはなんで、こんなにだらしいのか。

あいつはなんで、論理的にしゃべれないんだ。

これらは、すべて自分の中の基準があり、そこに達成していないヤツが現れる事で、イライラします。

イライラはすべて、比べる事で生まれると言っても過言ではありません。

仲の良い仲間といるとき、イライラしないと思います。
仲間をいちいち比べたりはしません。

この仲間はスゴイ人だとか、コッチの仲間はなんてバカなんだとか、その様は発言はしますが、みんな仲間で、比べているわけではないと思うのです。

比べてしまう時、イライラが生まれ、そしてそのイライラが原因で、その人の事が嫌いになるのではないでしょうか。

最後に


イライラしてもいいんです。
ダメなのは、イライラを引きずる事です。

場面が変わってもイライラを引きずっている場合、損をするのは自分です。
例えば、職場でイライラがたまっています。
この状態のまま、家庭にイライラを持ち込んでも、損するのは自分なのです。
家族は被害者となりますし、その家族は自分の家族なのですから。

理想は、イライラが発生したら、すぐにそれを消化する事です。
つまり、イライラゼロです。

その為には、イライラは自分の為であると考える事が、もっとも得策ではないでしょうか。
そしてまた、実際イライラは、自分に足りないところで生まれるのであり、経験する事で、自分の力になるのです。



次は

何にをやったら良いか分からない大きな目標の達成方法|感動を再び

仕事はリストで管理|うっかりポカを排除する

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕