このエントリーをはてなブックマークに追加

目標が達成できない時!こうして目標達成する|逆の発想で導く方法

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ能力 : 目標が達成できない時!こうして目標達成する|逆の発想で導く方法



はじめに



目標を持つ事で、人生に張りがでてきます。

毎日毎日を単純に生活するだけとは違い、いかに目標に近づいているかを感じる事で、若々しさも生まれますし、それは顔つきにも表れます。

しかし、目標を定め2日3日は意識して取り組むものの、数週間後には、忘れてしまっているという事だってあります。
そして、ある時、目標を定めていた事を思い出し、達成できないと嘆きます。

これが繰り返しになっていると、次第に目標を設定しなくなります。
毎日毎日単純に生活し、人生の張りはゆるむ一方です。
若々しさは失われ、顔つきに表れます。

なぜ目標を達成できないのか

なぜ、目標を達成する事は難しいのでしょうか。
特に、なぜ一度は設定した目標を、知らない間に忘れてしまっているのでしょうか。

逆に、目標が達成できる時はどういった時なのでしょうか。
どういう状態で、何をして目標達成できたのでしょうか。

目標達成にはいろんな角度からの見方があります。
今回、なぜ目標を達成できないのかという視点で、目標達成に導く方法について、考えてみたいと思います。


逆の発想で目標達成に導く方法



それでは、逆の発想で目標達成に導く方法です。

それは、「できない要素を排除する」事です。
目標達成を阻害する要因をリストアップします。
そしてリストアップした1つ1つを取り除いていく事になります。

目標達成できない要素を取り除いたんだから、目標は達成できるという事になります。


普段、どうすれば目標達成できるのか、どうやって目標達成するのかと考えてしまいがちです。
その様に考えても、目標達成できていなかったのですから、じゃあ逆に何が目標達成できない要素なのかを洗いだすのです。

発想の転換により、目標達成に導きます。
これが、「逆の発想」です。


こんな感じで導く

ある大学への入学が目標だっとします。
その為には、家でも勉強しなければなりません。
しかし、家ではついついテレビを見たり、横になっている間に寝てしまったりで、目標達成に近づいているとはいえません。

では、この時のできない要素って何なのでしょうか。

・夕食後にテレビを見てしまうこと
・机に着く前に横になること

では、これらをリストアップします。
そして、1つずつ、できない要素を排除していくのです。
1つ排除されるごとに、目標達成に近づきます。

このリストは何十項目にもなる思います。
また、テレビを見てしまうことをやめられなかった場合、テレビがあるという事が、できない要素になるかもしれません。
その場合、テレビをなくす事が、できない要素を排除するという事になります。

目標が達成できない時、逆の発想をせずに、どうやって目標を達成するかと考えた場合です。
・気合を入れなおす!
・やる気を高める!

どちらも自分を責める形になります。
つまり、精神論となりやすく、努力!努力!!と努力が前面にでてきてしまいます。

努力が前面にでている以上、力がこもっており、自然な感じでの目標達成になりません。
気付けば目標を達成していたというのが理想です。
その為には、できない要素を排除する方が良いのです。


自分を責める形にならないので、目標を設定する事自体が嫌になる事はありません。

最後に

頑張って努力して目標達成するというよりも、自然に目標達成する方が、最大限能力を発揮できていると思います。
好きこそものの上手なれです。

逆の発想で目標達成に導く方法は、なるべく好きになる様に、導く事でもあります。
頑張りすぎずに、自然に目標達成し、能力アップし、また目標を定め、チャレンジし、人生に張りを持ち、いつまでも若々しくありたいものです。



次は

言葉を強調して相手に伝えるための方法

先が見えないものを見える様し不安ゼロへ|進めど進めど先がない

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕