このエントリーをはてなブックマークに追加

説得力のある説明をする為の3秒トレーニング

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ能力 : 説得力のある説明をする為の3秒トレーニング



説得力のある人は自然にトレーニングしている

あなたの周りにも説得力のある人がいると思います。

何故かその人の言う事を聞いてしまい、同時に納得もしている。

説得力のある人は、人を動かせますし、人を助ける事もできます。



説得力がなければ、アドバイスをしても受け入れてもらえず、アドバイスになりません。

では、どうやって説得力を手に入れる事ができるのでしょうか?

あなたの周りの説得力のある人も、最初から説得力があった訳ではありません。

説得力を高めるトレーニングをしているのです。

しかもトレーニングとして意識する事なく、毎日の生活の中で自然に。

なぜトレーニングとして意識する事なくできるのかというと習慣になっているからです。

説得力のある説明をする為の3秒トレーニング

説得力のある説明をする為の3秒トレーニングはとっても簡単です。

最初のうちは数秒かかりますが、習慣となれば意識していないので、そもそもトレーニングという感覚すらありません

どうするかというと、日常と違う点に気付き、なぜ違うのかという所まで深堀するのです。



そしてコレは頭の中だけでかまいません。

そうする事で、気付きが鍛えられ、同時になぜだろうと考える事で、分析力を鍛える事にもなります。

説明は、なぜそうなるのかという根拠を述べる事ですよね。

根拠を得る為には分析は必要不可欠です。

つまり、分析しないと説明できないのです。

説得力のある説明をする為の3秒トレーニングのサンプル

通勤通学でいつもと違う雰囲気に気付いたとします。

なぜだろう?と分析します。



分析の結果、いつもと違う雰囲気を感じた根拠を得ます。

こうだからこんな雰囲気を感じたんだと完結します。

それでは、サンプルです。

いつも歩いている駅なのになぜか人が多いぞ。

歩いていると、駅を工事している事に気が付きました。

駅構内の工事で、通路が狭くなっているから、混雑して人が多いと感じたんだ!と頭の中だけで完結します。

同時に、いつもより人が多い訳ではなく、人の数はいつもとは変わらないんだけど、混雑していただけだったんだ!という事にも気が付きます。

これは、こういった会話につながります。

ある人:今日○○駅、人多かったね、特別なイベントがある訳でもないのにね。

あなた:人が多かったんじゃないんだよ、駅構内を工事していて通路が狭くなっていたから、混雑していただけなんだ。

ある人:そうか、イベントもないのに人が多いっておかしいなって思っていたんだ。

この会話がどうだこうだではありませんが、人の多い事にすら気付かなければ、えっそうだったけ?で会話自体が終わってしまいます。

もし気付いたとしても、分析していなければ、そうだね確かにイベントもないのに不思議だね!となり、納得には至りません。

説得力のある説明をする為の3秒トレーニングを習慣にする

説得力のある説明の為の3秒トレーニングを習慣にする為には、いつでもこのトレーニングを繰り返す事です。

例えば、ビルから外を眺めると、カラスが飛んでいます。

それだけは終わらないのです。

なぜこんな所にカラスが飛んでいるんだろうと周囲を見てみると、生肉工場がある。

ん、カラスは生肉工場のおこぼれを狙いに来ているのかなとか、別の切り口としては、昼食を外で食べている人のお弁当を狙っているのかなぁとか、くだらない事でも良いので、なるべく多くの事に気付いて、なぜなんだろうと分析する事です。

繰り返せば、習慣になっていきす。

そして、その時は以前よりも説得力が増し、人を動かしたり、人を助けたりしているでしょう。


 



次は

何にをやったら良いか分からない大きな目標の達成方法|感動を再び

空間を支配する強い人間になる方法|思った通りに物事を進める

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕