このエントリーをはてなブックマークに追加

監査だ準備だ残業だ|何の為の監査なんだ!監査関係者に物申す

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ仕事 : 監査だ準備だ残業だ|何の為の監査なんだ!監査関係者に物申す



勘違いするな!監査対応は仕事じゃない

監査の日程が決まりました。さぁそれからが大変です。書類集め、帳票のチェック、想定される質問への回答事例、周知。 押印や承認のズレを修正する為、過去の資料の再作成。もちろん監査対応の為だけにです。 それからは残業の日々です。監査日程の決まりが遅ければ遅い程、深夜まで残業は続きます。 もし、月の残業時間をオーバーする事になれば、ただ働きだってありえるかも。




監査自体は良い事です。あるべき姿に向かわせるのですから。しかし監査日程が決まってから準備に追われる会社はマダマダですね。 マダマダというよりも、監査日程を過ぎれば、お疲れ様と打ち上げする始末。当然、その場対応なので、実は改善されていない事が多々あります。 マイナーな指摘なんて、全くもって変わりませんよ。改善報告は文章の言い回しです。不正をあばかれて処分を食らったという形であれば別ですけどね。



指摘を受け、業務の見直しをして、どう改善するか、実際に改善に至るケースは少ないのではないでしょうか。 フォローアップ監査なんかは、答えを教えてもらっている様なものなので、誰だって100点取れますよ。但しその時だけ。 これが、監査対応は仕事じゃないという理由です。

監査関係者に物申す

監査を依頼する会社、監査する会社、監査される会社、そして監査する会社、つまり監査員は利害関係なしの第3者という事になるでしょうか。

監査する側は、本当の不正をあばかない限り、その監査は失敗です。お金をもらっている以上、何も発見できないでは、さみしい感じもします。 何かしら指摘を探し出しだすかもしれませんね。

監査を依頼する側は、本当の不正をあばこうが、あばくまいが関係なく、監査をやった事に意味があります。だからお金をかけて監査します。 監査される側が、例えば不正が公になったところで、監査自体は託していますものね。やる事はやりましたと言うかもしれませんね。

監査される側は、冒頭のとおり意味不明な行動を仕事だと思ってやります。アリバイ工作というと言葉が強すぎるかもしれませんが、せっせと準備します。 質問回答マニュアルで従業員にも教育します。うまく回答できなだろう人は、監査当時は休みたくなくても、お休みになる事もあるかもしれませんね。



何の為の監査なんだ!って思いますよ。しかし、監査の存在で強くなれる人は強くなれます。 それは天下りでも、社内での重要人物だというアピールでも、いざとなったら監査で本音をしゃべってやるという意味でもです。


監査を意識しない会社

監査が決まっても、普段と何も変わらない会社こそ、良い会社でしょうね。理想です。しかし理想な会社はほとんどないのではないでしょうか。

実際は監査の指摘が、従業員を困らせる事だってあります。例えば、残業できないとしますね。しかし仕事の量が減ったわけではありません。本来は、残業なしの前に、仕事自体を改善しなければなりません。 しかし仕事の分散もなく、仕事自体も改善されないまま、残業が禁止されるのです。 責任感の上に仕事してますから、これには当然追い込まれる形となります。

白か黒かではなく、白と黒の間、薄いグレーあたりが良いかもしれません。日本は資本主義ですからね。ライバルには勝たないといけません。だから監査を意識しない会社なんてホント理想という風になるでしょう。 最後に、この記事は想定で書いており、事実に基づくものではありません。またいろんな監査がありますので、当てはまらない場合もあると思います。


次は

人生で1番大きなお買い物、持ち家をもつ。新築より難しいリフォーム。

今しかない|集中力をあげて成果を得る

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕