このエントリーをはてなブックマークに追加

気の合わない上司、教えてくれない人に自分はどうするのが良いか

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ仕事 : 気の合わない上司、教えてくれない人に自分はどうするのが良いか



職場にはいろんな人がいる

大きい職場ではいろんな人がいる。

人数が多ければ、多いほど、気の合わない人や、しっかりと教えてくれない人がいる。

しかし、人数が多い分、直接その人とやらなくても、周りの人を巻き込んで対応する事ができる。

小さい職場の場合、又は、大きい職場でも周りを巻き込んで対応する事ができない場合、気の合わない上司や教えてくれない人の為にストレスをためるのも自分が損しているようで、しゃくにさわる。



気の合わない上司。

何をいっているか分からない。

力が弱い。

いい顔をしすぎ。

なんでも仕事を引き受けるなよ。

ちゃんと論理的に説明してよ。

大きい会社にも小さい会社にも、へなちょこ上司がいるもんだ。

教えてくれない人。

自分の事だけ考えるなよ。

そもそも会社の資産だろ。

ちゃんと情報共有してください。

自分のものとしないで、引継ぎなさい。

大きい会社にも小さい会社にも、閉じこもった人がいるものだ。

わたしたちは、これらに紳士に対応していかなければならない。

そして、もう一度書くが、これらの為にストレスをためるのはもったいない。

これらへの自分の対応の仕方

それは気遣いだ。

先ほど、紳士に対応しなければならないと書いた。

そう、我々は社会人なのだ。

それを自分が自覚する。

例えば、営業マンで、客からわけのわからないクレームを言われたとしても、それに紳士に対応する。

それと同じ。

気遣いは、何気ない一言でよい。



ちょっと私頭が痛いような気がするんですよね。

今日は早く寝ようと思います。

○○さんも風邪に気をつけてくださいね。

こういった気遣いとか。

この前風邪で休まれていましたよね。

良くなったんですね。

良かった。

気遣いはなんでも良いが、目的は、あなたの見方ですよと自分を示すことだ。

そうやって、相手が心を開くように、自分は気遣いで、ちゃくちゃくと準備していく。

紳士的に対応すると決めてしまえば、何を言われても、教えてくれなくても、ストレスはかなり感じないものだ。

気遣いもできる。

しかしこの仕打ちは忘れない

紳士的に対応している時、あなたはよくがんばれている。

しかし、普通といえば普通だ。

社会人はみんなそうなのだ。

しかし、その仕打ちがひどいと感じる時もある。

でも大丈夫。

そんなやつにこそ、コツコツと準備を進め、相手の心が開くのを待つ。

自分に力をつけつつ。

チャンスをうかがう。



いつになるかは分からない。

3年かかるかもしれない。

自分は執念深いよーと思う。

必ずチャンスがくる。

少なくとも、権力者が定年を迎えるとか、何かのタイミングがある。

その時、立場が逆転する。

さぁ、今度はお前が紳士的になれるよう、勉強せい!人間として成長せい!と、あなたの実力を発揮するのである。

しかし、途中で気づく事もある。

実はこの人、紳士的であったのだと。


 



次は

お願いや頼み事を聞いてもらえない時に聞いてもらう能力|子供実践中

男子は実はあんな事やこんな事で楽しんでいる|男子自動運転の瞬間!

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕