このエントリーをはてなブックマークに追加

マネージャー|プロジェクトマネジャー業務を目標達成に応用

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ仕事 : マネージャー|プロジェクトマネジャー業務を目標達成に応用



そういわれれば、マネージャーってなに?

マネージャーは何をする人だろうか。

マネージャーはグループを定めた方向へ導く人だ。

例えば、プロジェクトマネージャーであれば、プロジェクトを成功に導く人といった風だ。

グループ形成する時点で、ある程度やりたい事は決まっており、何をもってグループ解散するかといったENDの為にも達成目標が必要だ。

期限切れや失敗といった、達成目標に到達できない場合の責任はマネージャーにある。

責任を取るという意味でもマネージャーは1人だ。

大きなプロジェクトは、サブプロジェクトに分解し、サブプロジェクト単位でサブマネジャーとして人員配置するケースもあるが、それはあくまでも サブマネージャーだ。

責任をとるというと、必然的にある程度の地位にいる人がマネジャーとなるだろう。

また経験も必要だ。

時にはマネージャー風もいる。


マネージャーはシンプルに評価される

仕事はおろか、プロジェクトの責任までを部下におしつける場合、もしそのマネージャー風が上の役職であっても、同僚もしくは同僚以下だ。

マネジャーには、重い責任がある為、部下に強く言うのは致し方ない。

そうやってメンバーは時に寛大に受け入れる事も必要だ。
 
プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの存在を知っている人たちからは、達成できたのか、できなかったのか、○か×かといったシンプルな評価を下される。
 
評価はシンプルだが仕事内容は難しい。


マネージャーの仕事は幅広い

グループが形成されている以上、人間関係の暗黙のルールが生まれ、それを把握する事も必要かもしれないし、グループ外に対しても、円滑に進める為の根回しが必要となるかもしれない。

更には、困難な課題に直面した時、その時点で時間を割いて回避するか、保有し事を先にすすめるか、納期、金、人員等々の面 から、総合的に思考、判断しなければならない。

幅の広い仕事だ。

これがプロジェクトマネージャーの力量が試され、経験が必要な点だ。

マネージャーは直感も必要かも

総合的思考と経験から連想されるのは、直感だ。

マネジャーには直感も必要と考えられる。

直感に論理は不要だが、皆を納得、共通認識にさせる為には、後追いでも論理的に組み立てる必要もある。

えっ直感で!と思われるかもしれない。

 しかし、総合的な思考及び経験から生まれる直感に勝るものはない。


マネージャー業務に学び目標を達成する

先ほど、マネジャーはグループを定めた方向に導く人と書いたが、個人の目標達成の為には、1人でもマネージャーになり得る。

達成目標に向けてマネージメントする。

責任もとる。

どうするか。

自分の中には、複数の自分がいる。

簡単に言うと欲望の自分と理性の自分と・・・といった様に。

この上にマネージャーとなる真の自分が立つ。

○か×か。

いつ解散するか。

自分自身の中に存在する、複数の自分をマネージメントして、自分の目標を達成する。

 



次は

背後からPC画面を見られない技|これで堂々とネット見てサボれる

毎日違う人間になり妖怪じゃない真の人間になる方法|昨日より今日

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕