このエントリーをはてなブックマークに追加

単なるルーティンワークが脳トレとクリエイティブワークに変わる

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ仕事 : 単なるルーティンワークが脳トレとクリエイティブワークに変わる



単なるルーティンワーク

ルーティンワークは、決められた通りにこなす仕事です。 思考よりも行動重視です。ルーティンワークは、クリエイティブな仕事と比べると、雑用というイメージがあります。実際その通りです。 "単なるルーティンワークなんてやりたくない!!"向上心の高い人はこの様に思うのではないでしょうか。




しかし、単なるルーティンワークは、能力トレーニング(脳トレ)になりますし、クリエイティブワークにもなります。 思考よりも行動重視であるルーティンワークが、なぜ脳トレやクリエイティブワークに変わるのでしょうか。

一流選手も行うルーティン

一流選手は独自のルーティンを持っています。 バッターボックスに入る前や投げる前、蹴る前、まずルティーンを行います。 ルーティンを通して、考えての動作から、考えずの動作にシフトしていきます。



ルーティンを行う事で、こんな効果があるそうです。 いつもと同じ行動をとる事で、無駄な動きや気持ちを排除できプレイに集中できます。 どんな時も、どんな状況であっても、アウェイでも、ルーティンで同じ動作を行う事で、最高のパフォーマンスがでやすくなるそうです。

一流選手でなくても行っているルーティン

実はルーティンは誰もが行っています。これがルーティンだと気付いてないだけです。 例えば就寝前の歯磨きです。お決まりとしてやっていればルーティンなのです。例えばお風呂での体の洗い方。これも決まっているものだと思います。 思考せずとも、行動しています。無意識です。ルーティンを取り入れる事により誰でも、一流選手の様にどんな時も調子の良い状態を作り出すことができます。

しかし、業務開始前に歯磨きはできませんよね。万が一職場で風呂に入れたとして、決まった手順で体を洗う事ができたとしても、体をふいている間に、ルーティンの効果は消えます。

そこで最高のパフォーマンスで業務を行うにもってこいなのが、ルーティンワークなのです。単なるルーティンワークは、仕事をしながら脳トレにもなりますし、 単なるルーティンワークがクリエイティブな仕事にも変わります。

単なるルーティンワークを脳トレに変わる





単なるルーティンワークが脳トレに変わります。ルーティンワークは思考よりも行動重視です。多少頭がボーっとしてたって、 できる仕事です。そこで、まず仕事の取っ掛かりとして、ルーティンワークを行います。そうすると、だんだんと脳が回転し始め、やがてトップギアに入ります。

この間、単なるルーティンワークだ!雑用だ!!と思うのではありません。時間を決めて、時間内に終わらせるつもりで取り組みます。 トップギアに入った脳は、フル回転しており、そのままの状態を維持し、次のルーティンワーク以外の仕事に取り掛かります。 そうすると、パソコンで言うリソースをフル活用できており、最高のパフォーマンスがでます。

脳は回転すれば回転するほど鍛えられます。フル回転で取り組む事は、そのまま脳トレとなります。 また、いきなりルーティンワーク以外の仕事に取り掛かろうとしても、リソースをフル活用するまでには、時間がかかってしまいます。

単なるルーティンワークがクリエイティブワークに変わる





単なるルーティンワークは、決められた通りにこなす仕事ですから、ルーティンワークは自動化できます。 単なるルーティンワークをもっと効率的にできないかと考えるのです。自動化はシステム化でも良いですし、アウトソーシングでも良いでしょう。 ルーティンワークの一部でも自動化しようとする事は、業務効率化であり、それはクリエイティブワークです。

単なるルーティンワークは、ないよりもむしろあった方が良く、脈拍の様に仕事にリズムをつくりだします。 最高のパフォーマンスはルーティンからつくりだされます。



次は

転職に失敗しないために|転職の失敗は転職癖がつく

忙しい人が失っているかもしれないたった1つの事

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕