このエントリーをはてなブックマークに追加

その仕事いくら?仕事にプロ意識を持つたったこれだけの方法

今日も多くの方に読んで頂いております万日記を選んで頂き、まことにありがとうございます

 ナビゲーション リンクのスキップ仕事 : その仕事いくら?仕事にプロ意識を持つたったこれだけの方法



仕事にプロ意識を持ちなさい

エステティシャンなど、口癖のように言われるのではないだろうか。

お客さんと直に接する仕事は、特にこのプロ意識というものが、物を言うのではないか。

お客さんにもいろんなタイプがいて、そのお客さん一人ひとりに自分の感覚を持って接しなければならないからである。

意識を持っていないと、自分の感覚が優先されてしまい、良い接客ができない。

したがって、プロという意識を持つ事で、自分の感覚だけで接客しないようになる。



仕事にプロ意識を持つものが伸びるわけ

仕事にプロ意識を持つ方法を述べる前に、仕事のプロ意識がないと仕事では成長しない。

例えば、プロ野球選手は年俸契約となる。

その選手がピッチャーであれば、1回の登板はだいたいいくらと計算できる。

もっと細かくすると、その1球はだいたいいくらか分かる。

そして、一流ピッチャーともなれば、その1球がとてつもない大きな値段となる。

プロ野球選手は野球をして、お金をもらうい、試合に勝つ事に貢献できれば良い。

つまり、目的が明確であり、その目的のために、契約される。

したがって、本人もやる事が分かっている。



会社の上位職もそのような考え方をしている。

例えば、あるプロジェクトのために、執行役員として会社と契約した。

このプロジェクトには何十億は使ってよい。

その予算内でプロジェクトを遂行していく。

そのプロジェクトがうまくいって、その会社に残る事もできるし、また次の会社を渡り歩きもする。

失敗しても、会社に残るかは、責任問題となるので時と場合による。

何かしら実績を残して次の会社に行きたいものだ。

つまり、ここにおいても、いくらで何の仕事をしているのかが分かっている。

これがプロ意識だ。

この意識を持つ事により、自分の能力を高めようとする。

求められているものに、気づき、これに見合う対価であるか判断する。

究極をいうと、対価に見合わないのであれば、やる必要はない。

しかし、従業員でれば、会社に従う事も必要で、その対価を給料としてもらっているので、やらないとはなかなか言えないのが現状である。

仕事にプロ意識を持つ方法

仕事にプロ意識を持つ方法。

それはずばり、その仕事いくら?です。

例えば、請求書の処理、企画書、グループの取りまとめ、システム構築、1回の接客、1回の電話応答・・・それらが、いくらなのか大体の値段を把握してみる。

割と多いと感じるのではないだろうか。

そう考えると、もうワンランク良い対応もできるのではないだろうか。



仕事をお金に換算する見方、これがプロ意識だ。

プロ意識を持つことで、お金を稼ぐ、つまりその道のプロとしての自覚が生まれる。

お金を稼ぐ事自体プロであり、それを伸ばそうとするのがプロ意識だ。


 



次は

幸せな人生の終わりなき旅|乗り継ぎで人生の目的値に到着する

失敗に学ぶ方が成功に学ぶより能力があがるのは本当か?

をお送り致します♪



BabBub(バァブヴゥブ)リンク
BabBub(バァブヴゥブ)もみてね。〔生活お役立ち〕



LoveShare(ラブシェア)リンク
LoveShare(ラブシェア)もいいよ。〔恋愛の悩みを解決〕